読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかたんブログ

IT戦士ゆかたんこと岡田有花のブログです。フリー記者ですが、ブログには記事未満のいろんなことを書きます。

素数トランプを2つ並べてみたらすごかった

KAN

素数トランプを手に入れました。

 

こんなんです。

 

f:id:yukatantan:20140308222106j:plain

 

 裏返すとこんな感じです。

 

f:id:yukatantan:20140308222107j:plain

 

一見、ふつうのトランプです。

 

真ん中に「23」って書いてあるのは、KANのデビュー23周年記念ツアーのグッズだからです。

 

さて、素数トランプの中身を出してみます。

 

f:id:yukatantan:20140308222420j:plain

 

1,2,3…普通のトランプです。

 

さらにめくります。

 

f:id:yukatantan:20140308222457j:plain

 

5…?

 

あれ?

 

4がないぞ。

 

ふむ。

 

とすると、5の次は…

 

f:id:yukatantan:20140308222559j:plain

  

7...

 

11...

 

…11 ?

 

11は「J」じゃないのか。

 

さらにその先のカードを並べてみます。

 

f:id:yukatantan:20140308222057j:plain

 

ふむ。 

 

これが数字の札、ふつうのトランプでいう「1(A)」~「10」までです。

 

さらに、絵札があります。

 

f:id:yukatantan:20140308222102j:plain

 

絵札は普通だった。

 

絵は。

 

まぁそんなわけで、全部、素数のトランプなんですね。素数トランプ。

 

七並べふうに全部並べるとこんなかんじです。

 

f:id:yukatantan:20140308222112j:plain

 

 

なんか、みっちりしてる…

 

でも、ゲームには意外とつかえます。スピードと大富豪をやってみましたが、意外とイケました。

 

ちなみにジョーカーはこんなのです。

 

f:id:yukatantan:20140308222059j:plain

 

はい。おなじみのKANさんですね。

 

この素数トランプ、23周年ツアー(2010年)ではかなり早くに売り切れていました。

 

それでですね、2013-14年のKANツアーで、また、素数トランプが出ていたんですよ。

 

いらないのになー、買っても使わないのになーと思いながら、やっぱり買っちゃいました。素数トランプ新版。

 

f:id:yukatantan:20140308224015j:plain

 

 

SOSUU TRUMP ってかいてある。

 

そんで、KANがいる。

 

裏はやっぱり

 

f:id:yukatantan:20140308224058j:plain

 

素数

 

ですよね。

 

でもって中身は……

 

f:id:yukatantan:20140308224128j:plain

 

えっ。

 

f:id:yukatantan:20140308224149j:plain

 

まさかの41はじまり。

 

前のバージョン(1~37)の続きからでした…

 

ふつうのトランプの10にあたる数字は

 

f:id:yukatantan:20140308224209j:plain

 

79。

 

スペードおおすぎてきもちわるい。

 

f:id:yukatantan:20140308224345j:plain

 

絵札はふつう(絵だけは)。

 

f:id:yukatantan:20140308224410j:plain

 

ジョーカーはやっぱりKANでした。

 

素数トランプをぜんぶ並べると、

 

こんなかんじ。

 

f:id:yukatantan:20140308224441j:plain

 

 

うわあ。

 

なんか、ブツブツしてる……

 

 

 

さて、さいごに、

 

2010年の元祖素数トランプと、

 

今年の新素数トランプを

 

ぜんぶならべてみます。

 

f:id:yukatantan:20140308224657j:plain

 

やっぱなんか下半分が極端におかしいね。

 

 

KANさんは素数が好きだそうで、ソロツアーは「素数展開」しています。「#1」「#2」「#3」のあと、「#5」「#7」「#11」…と続いています。

 

もはや、今が(素数じゃない数字で)何回目なのかわからなくなりました。

 

元祖素数トランプが「23周年記念」で出たというのも、その一環で、KANは10周年や20周年はとくに記念しませんでしたが、23周年は大々的に祝ったのでした。 

 

 

次は31周年67周年かなー。

 


KAN 『よければ一緒に』 (PV) - YouTube

KANと及川光博が完全に一致した

KAN

KANと及川光博(ミッチー)が好きな岡田です。こんにちは。

 

KANとミッチー、共通点があるなぁと以前から思っていました。コスプレ好き/踊る(※ただしKANは30代まで)/話が面白い/セルフプロデュース あたりです。とはいえ、まぁ、方向性が違うよね、って思ってたんですが、きょう、完全一致して衝撃をうけたのでここに記録を残しておきます。

 

ミッチー(44歳)の新アルバム。(※画像は公式サイトより)

 

f:id:yukatantan:20140219201326j:plain

KAN、44歳当時のap bank fes。(※画像は公式サイトより)

 

f:id:yukatantan:20140219201411j:plain

 

アメフトコスプレかぶりだけでなく、44歳で背番号に44を持ってくるところまで同じ・・・!

44歳になると人はアメフトコスプレをしたくなるのでしょうか。

 

ちなみにKANさんはこれまでに、スチュワーデス、戦国武将、警察官、浜田省吾、スティービーワンダー、ウェディングドレス等々、あらゆる衣装を着こなしておられます。

KANさんのコスプレ(自称:普段着)にご興味持った方はこちらもどうぞ。

【有線大賞】コスプレ歌手KANの衣装が今年も凄すぎた件wwwww - NAVER まとめ

 

※追記

50歳のときもアメフトコスやってたみたいです。これだと色までかぶっている。

Twitter / yooocheee: 有線大賞のKANさんの衣装にビックリされた私のフォロワー様へ ...

 

あのころ夢見ていた現実がいまここにあってびっくりした

メディア

最近、お風呂にiPhone持ち込んでHuluを観てます。めっちゃ楽しい。「24」とか「Friends」とか、ノンストップで観てしまう。

 

で、思ったんですが、これって、ほんの15年ぐらい前には、ちょうお金持ちにだけ許されていた贅沢だったじゃないかと。

 

小さい頃、お金持ちのお宅訪問的な番組で、「お風呂にテレビがついてるんです!」ってやってて、いいなー、お金持ちになりたいなーと思ってました。

でも気づいたらこれ、今、誰でもできる! しかも、テレビだけじゃなくて映画とかドラマとか、何でもみれるやないか!

 

すごい。あの頃あんなに夢のように思っていたことがいま現実になっている。当たり前のように誰でもできる。幸せだなーと思いました。なんか、これ以上の贅沢って、別にいらないよね、って思った。

一方でこの状態にもどうせすぐに慣れて、飽きて、これ以上の贅沢を求めるんだろうなとも思いました。

 

人間の欲望おそろC(過度な一般化)

刺激と寛容についてのメモ

メディア

ホリエモンが「電車の中で赤ちゃんが泣いてうるさいときは舌打ちぐらいしても許される」的なツイートで炎上している。

 

あまりに過激な主張に驚いたが、よくよく読むと、「赤ちゃんだからといってうるさくて当たり前、と放っておく親はどうなの?」という感情からきているようで、あまりに権利を主張しすぎる極端に非常識な親に怒っているようにも読めたので若干納得した。若干ですが。

 

で、ホリエモンのツイートの中に「赤ちゃんがうるさければ睡眠薬飲ませればいい。アメリカではそうしている」という一説があった。まじかよ、それができるなら、手段としてはアリなんじゃない?と思ってFBに書いたら、妻が医者という友人から、リスクが高すぎる(呼吸が止まることもある、など)のでやめたほうがいい、と教えてもらった。

 

子供がいる親は「鈍感力」が必要だと彼はいう。

 

とにかく、誰もが刺激を過剰に得ている時代だと思う。たとえ周囲の環境が静かでも、スマホやテレビに過剰な刺激があふれている。刺激に対して鈍感にならないと、まともに生きていくのすらつらい時代だと思う。

 

赤ちゃんが泣くことに対する舌打ちという反応も、舌打ちされたことに申し訳ないと必要以上の落ち込む思う反応も、過激なツイートに対する「炎上」という反応も、刺激に過敏になっているということだと思う。刺激にいちいち反応していては、いまの日本で生きていけない、ほんとに。刺激から逃げるか、意識して鈍感になるか。

 

繊細でいること自体が自殺行為、みたいな社会ですね。あーあ。

暇つぶしと刺激についてのメモ

メディア
正月休みに24のシーズン1を見た。
ひっきりなしに訪れる緊張と刺激。ストーリーに矛盾はたくさんあったが、強制的に襲ってくる緊張のまえに、考える暇が与えられなかった。面白いかどうかを感じる以前に、続きを見ないと眠れない、半端な状態では終われない緊張感を覚えた。

LINEポコパンにもハマった。構造は24と似ていて、制限時間の緊張感、バブルを消す爽快感といった動物的な感情に支配され、次はもっとできるかもしれない、もっとやりたい、もっと、と、中毒状態になったので、こわくなってアプリを消した。

24はスマホのHuluで観て、LINEポコパンももちろんスマホゲームだ。

スマホサービスの今の主戦場は、暇つぶしだと思う。数秒、数分、数十分を埋められるサービスやゲームが、世界中で争って作られている。

『暇と退屈の倫理学』という本には、暇つぶしとは面白さではなく緊張や刺激だ、というようなことが書いてあった。

文化や言語に左右されない、人間の根っこにある動物的な緊張や刺激、快感をどう支配し、自らに粘着…大袈裟に言うと依存させるかを、24もLINEポコパンも知っている気がした。




「あさイチ」がだいすきだあああああああ

メディア

「はなまるマーケット」来年3月で終了 「あさイチ」に食われた ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

そういえばあさイチが始まってからはなまるを観なくなった。岡江さん好きなんですが。

でもあさイチすごいんですよ。朝のバラエティではタブーとされてきた(ような気がする)微妙な問題を、ぼかしたり逃げたりせず、いつも正面から切り込む。

いじめ問題をとりあげたときも、適当で無難な結論に逃げてなかったし(具体的にはわすれたんですが、その時以来あさいちファンになった)先日放送予定だった(台風で中止)「性風俗で働く女たち」というテーマとか、きょうだって女性の生理を正面から取り上げていた。

 

意見が割れそうなこととか、なんとなくタブー視されていたことに対して、通り一遍の無難な結論に逃げずに、掘り返して掘り返して取材して伝え、有働アナといのっちも、逃げずに正面からコメントする。かっこいいなーと思います。自分も情報発信者の1人として、こうあらねばなーと。

 

番組開始当初は「V6が司会の朝の番組って大丈夫か!」などと思っていたのですが、本当に見事な番組だとおもいます。厳しい視点で構成された特集を観るたびに背筋が伸びます。大好きだああああああああああああああああ!

時代遅れは丸もうけ

メディア

いまさら「のだめカンタービレ」にはまりました。

実家に漫画があって、読み直したら、はまった!

 

で、自分の家にも漫画がほしいな、と、Amazonで中古価格見たら、全巻セットでも2500円なんですね。1巻100円ぐらいだ。安い・・・!で、CDも聴きたいなと思ったら、これまた数百円で売ってる。

 

一世を風靡したヒット作は、時代遅れになると、在庫がだぶついて激安になるのですね。

のだめも漫画の買い取り価格は1冊10円にまで落ちているそうで(←Facebookでおしえてもらったまめちしき)

 

ブームのまっただ中ですべて新品でそろえていたら、5倍ぐらいのコストがかかったと考えると、時代遅れってなんてお得なんだろう!!

これからも、人から2歩、3歩遅れて生きていきたいと思います。

 

あ、でも半沢直樹はドラマ放送中に定価で買いました・・・。もっと遅れなくては・・・