読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかたんブログ

IT戦士ゆかたんこと岡田有花のブログです。フリー記者ですが、ブログには記事未満のいろんなことを書きます。

刺激と寛容についてのメモ

メディア

ホリエモンが「電車の中で赤ちゃんが泣いてうるさいときは舌打ちぐらいしても許される」的なツイートで炎上している。

 

あまりに過激な主張に驚いたが、よくよく読むと、「赤ちゃんだからといってうるさくて当たり前、と放っておく親はどうなの?」という感情からきているようで、あまりに権利を主張しすぎる極端に非常識な親に怒っているようにも読めたので若干納得した。若干ですが。

 

で、ホリエモンのツイートの中に「赤ちゃんがうるさければ睡眠薬飲ませればいい。アメリカではそうしている」という一説があった。まじかよ、それができるなら、手段としてはアリなんじゃない?と思ってFBに書いたら、妻が医者という友人から、リスクが高すぎる(呼吸が止まることもある、など)のでやめたほうがいい、と教えてもらった。

 

子供がいる親は「鈍感力」が必要だと彼はいう。

 

とにかく、誰もが刺激を過剰に得ている時代だと思う。たとえ周囲の環境が静かでも、スマホやテレビに過剰な刺激があふれている。刺激に対して鈍感にならないと、まともに生きていくのすらつらい時代だと思う。

 

赤ちゃんが泣くことに対する舌打ちという反応も、舌打ちされたことに申し訳ないと必要以上の落ち込む思う反応も、過激なツイートに対する「炎上」という反応も、刺激に過敏になっているということだと思う。刺激にいちいち反応していては、いまの日本で生きていけない、ほんとに。刺激から逃げるか、意識して鈍感になるか。

 

繊細でいること自体が自殺行為、みたいな社会ですね。あーあ。